ダンサーの心身の健康をサポートすることを通じて、社会に貢献します。

お気軽にお問合せください

バレエセラピスト協会Top

新しいお知らせ

 

 

バレエセラピスト協会のご紹介

代表のYoshieです。

代表理事ごあいさつ

バレエセラピスト協会のWebサイトをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

日本でクラシックバレエを習う人は全国で約40万人と、非常にメジャーな芸術となりつつあります。

ですがダンサーのケガやカラダの仕組みは十分に解明されているとはいえません。

「ケガをしても、診てもらえるところがない」

ダンサーからよく聞く言葉です。

バレエの動き方やダンサーの現状をわかるセラピストやトレーナーでなければ、ダンサーに適切な指導をすることはできません。

しかし日本ではまだその専門家は不足しており、ダンサーはどこへ行けばよいのかわからず困っているのが現状です。

当協会では、ダンサーのニーズに応えられるバレエセラピストの育成を第一の使命としています。

また、ダンサー・指導者・セラピストの三者が連携することで、ケガを予防するだけでなく、もっと効率的に踊りを上達させる方法を構築することができます。

指導者の先生方のサポートやその橋渡し役にも積極的に取り組んでまいります。

ダンサーの心身の健康をサポートすることを通じて、社会に少しでも貢献することができればうれしく思います。

協会概要

バレエセラピスト® 3つの特徴

バレエセラピスト®は、豊富な専門知識と高い人格を兼ね備えた専門セラピストです。

バレエダンサーの心身の健康を総合的にサポートし、パフォーマンスアップを支援します。

豊富な専門知識と高い技術力

解剖運動学的な基礎知識、コンディショニングおよびトレーニング指導の技術に加えて、クラシックバレエの動き方の仕組みの解明に力を入れています。

踊りの体感と高いお手本力

踊りの体感を大切にし、すべてのクライアント様に変化を実感していただけるようアプローチしていきます。

高い人間性と寄りそう力

専門セラピストとしてお一人お一人のダンサーに寄りそい、一緒に問題を解決していきます。

セミナー案内

BTAスタジオ

BTAスタジオでは、「バレエのためのヤムナレッスン」をはじめ、実践的な少人数制のレッスンを開催中です!

住所

〒532-0006
大阪府大阪市淀川区西三国1-28-4-108

地下鉄東三国駅 徒歩10分

代表者紹介

代表理事 灰方淑恵

メディア掲載・出演

学会発表

・第9回日本ダンス医科学研究会学術大会
 2018年3月18日
・第8回日本ダンス医科学研究会学術大会
 2017年3月5日
・第7回日本ダンス医科学研究会学術大会
 2016年3月6日